ある地方人のぼやき

地方に住むオタクがだらだらと何か書くところ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

例大祭感想

 出稼ぎ(三次元)がひと段落つきそうなので、久々に現地で買った同人誌のうちいくつかをピックアップして感想を書いて見たり。さすがに全部の書くのはいろいろ無理ゲー。


「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・中国!」(ドムール402
 中国の中国による中国のための同人誌。こらそこ「誰得・・・」とか言わない。美鈴がカンフーの達人かと思わせるかのような激しいカンフーアクションに美鈴のもうひとつの可能性をみる。・・・ナニカオカシイヨウナ?

「Left Behind」(+legacy
 咲夜たんが紅魔館にきてからのフランとの交流を描く。子供の情操教育にはペットを飼うといいとかいうアレですか。ロリ咲夜たんの泣き顔はかわええのう(*´д`)成長してからはまさにパーフェクトメイドでめったに見ることのできないレアフェイスに心トキメキ。

「まわるメイドさんを皆に」(さくSaku亭
 咲夜たんが風~星らへんをどう過ごしていたかを描いた本。温泉もあるよ!”外”からきた咲夜たんにとって神が当たり前のように存在する幻想郷はどう移るのだろう。
 あぁこんな愛しい咲夜たんを見たのは何回目かわからないから、心の咲夜たんフォルダに記録しておこう。

「水鏡」(あさつき堂
 ひとことでいうと「暗い」。東方界隈では珍しい暗さ。逢瀬を繰り返す紫と霊夢の関係にひとり思う藍は。読後のテンションの下がり具合が半端じゃない。まるで頭のてっぺんからつま先まで真っ暗なダーク鯛焼きやー。


「ROLLING★STAR」(岸田教団/The明星ロケッツ
 久々の(?)東方アレンジ。なかでも7曲目の「宵闇鳥」が出色のでき。これはクセになる。珍しく直接的なラブソングだなぁと思っていたら、二次アレンジということで納得。
スポンサーサイト
書籍 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「かしコミ」終わった。 | HOME | 新年度<やっほ^^>>

この記事のコメント

>>はいtってない。
そりゃそうだwwww俺は何をボケていたのかwww
っていうか、岸田のあのボーカルの人は好きでほしいね。
ロケッツとか。
2010-04-09 Fri 17:46 | URL | kudo #-[ 編集]
>くど
EDは岸田の曲じゃないっぽいからきっと入ってないにゃー。

>neneco
俺は朝から読むときっと一日何もできなくなるwまさに「どうしてこうなった・・・」
2010-04-06 Tue 19:15 | URL | regen #-[ 編集]
岸田の中に東方活動写真館2幕のEDははいっているのだろうか。はいってたらほしいなー。

when I wish folled star♪
when I wish folled star♪
かけぬーけてーくとーきのー♪
2010-04-06 Tue 18:19 | URL | くど #-[ 編集]
「水鏡」を、例大祭翌日のよく晴れたさわやかな朝一番で読んだ私が登場w 実にあさつき堂らしい作品だと思う。少なくとも、作品のインパクトは突出しているw
2010-04-06 Tue 13:29 | URL | neneco #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。